保険会社が補償したはずの被害者から新たに訴えを起こされた!

Legalus編集部さん 2015年05月09日

 去年の11月、前方から進行してくる車両に気がつかず、接触事故を起こしました。
 その後の交渉は全て保険会社がやってくれて、どのように補償されたかも知らないままでした。
 しかし、今回新たに被害者が訴えを起こし、「事故による恐怖感のため仕事が出来ない、トラウマになってしまった」などの理由で、将来の生活費、医療費などを請求されました。
 保険会社がすでにした補償がカバーしていると思うのですが、今になって、どうして訴えられなければならないのでしょうか。
 私に支払い義務があるのでしょうか。


(40代:女性)

関連Q&A

虚偽の説明をした保険代理店に損害賠償請求できるか

保険(自賠責・任意保険) 2015年09月01日

18才の娘が自動車を買い、自動車保険に入りました。名義は主人です。 保険代理店が「運転者は『30歳以上限定』だが、同じ家族だったら事故を起こしても保険金が下りる。その時、加入者は2割負担すればいいだけ」とある商品を勧めるので、そんなに...

加害者が保険に入っていない場合

保険(自賠責・任意保険) 2015年07月16日

甥が自転車に乗っているとき原付にはねられ、右手首と左肩を骨折し入院しています。しかし、相手方の加害者(高校生)は保険に一切入っておらず、入院費も治療費も一円も払えないといいます。このような場合、どうしたらよいのでしょうか?(30代後半...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     保険会社がどのような形式で損害の賠償をしたのか不明ですが、裁判外の和解(民法695条)をしたと仮定して説明します。
     和解とは、当事者が互いに譲歩して、紛争を止めることによって成立する契約をいいます。「お互いにもっと主張したい損害があるかもしれないが、この線で我慢して手を打ちましょう」と合意するわけです。


     したがって、いったん合意した以上、その内容が現実の法律関係とは異なっていたとしても、当事者は和解の内容に拘束されることになります。


     もし合意した内容に錯誤(思い違い)があったとしても、後日、和解契約の無効を主張することはできません。もしそれを認めると、和解契約が際限なく覆ることになり、互譲により終局的に紛争を解決するという和解の目的が達成できないからです。

     しかし、和解の前提となった事実や法律関係に錯誤があった場合には、錯誤無効が主張できるとされています。この場合、いわば和解の前提となった認識に誤りがあったからです。


     では、交通事故を原因とする争いにおいて和解金を受領したが、その後後遺症が現れた場合にはどうでしょうか。

     この点、和解契約締結時には予期しえなかった損害まで和解契約の効果によって請求できなくなるとすると、被害者は和解に応じることができなくなってしまいます。
     そこで、当初予期できなかった損害が発生した場合には、その損害についてまで請求を放棄したと考えることは通常の当事者の意思解釈に合致しないとして、損害賠償が認められるのが一般です。


     したがって、保険会社が一定の賠償を行っていたとしても、新たに発生した損害につき訴訟を提起すること自体は認められます。
     ただし、その請求の内容(金額)や理由が法律上根拠があるか、合理的なものであるかは別問題であり、それこそが裁判で審理されることになります。

2015年05月09日

保険(自賠責・任意保険)に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ