交通事故被害者です。物損のみの示談先行は必須ですか?

User image 12 yumaさん 2020年06月14日 10時07分

交通事故の被害者です。
賠償請求の進め方の考え方について教えてください。

事故の様態が悪質(故意の信号無視)で、かつ、謝罪等も一切なく、
加害者は警察の聴取で嘘の供述をしています。
また、怪我の治療費の負担についても、一方的に打ち切られました。

そこで、示談には応じず、損害の全額が確定してから、
人身と物損をまとめて訴訟を起こすことを前提に考えています。
ところが、代理人にこの意向を伝えたところ、
物損を先行して示談しないとリスクがある、と言われました。

------
仮に修理費等につき相手方保険会社と合意ができるにもかかわらず
あえて合意しない場合、裁判では相手方保険会社は
遅延損害金については支払い義務がないと争ってくる可能性があると思います。
つまり、示談できるにもかかわらず、
示談しない理由(原因)が当方にあると判断されれば、
遅延損害金が発生する債務不履行の帰責性が債権者にはない、
むしろ、損害を拡大させたとして
当方が責任を追及される可能性も少なからずあるように思えます。
そのため、私としては、相手方保険会社に修理費用を請求し、
相手方保険会社がこれで了承するということであれば
物損については先行して示談したほうがよろしいのではないか、
と考えております。
あるいは、このようなリスクがあることをご了承のうえでしたら、
物損のみの示談先行しないという対応もありうるのかもしれませんが。
------

確認したいことは、以下になります。

1. 物損の損害額が確定しているにもかかわらず、
 人身の損害が確定するまで、
 物損の示談交渉をはじめないことに問題があるのか?
 そもそも、物損だけ切り離して示談に応じる義務はあるのか?

2. 人身が確定してから、人身物損をまとめて示談交渉を行い、
 訴訟まで発展した場合、物損の示談交渉を先行して
 行わなかったことによって発生する延滞金について、
 相手方保険会社が「損害を拡大させた」と
 こちら側の責任を追求してくる可能性はあるのか?

3. もし「2.」で、相手方保険会社が責任を追求してきた場合、
 こちら側が負うリスクとは、具体的にどのようなものになるのか?

以上、よろしくお願いいたします。

1.物損の消滅時効は事故から3年であり、その間に直ちに法的な問題や示談応諾義務があるわけではありません。
  ただ、物損につき争いがない場合は先行示談するのが一般的であり、あまり先送りするメリットがあるともいえません。
 あとは、修理業者へ一旦修理代の立替が必要になる可能性があります。
 

2.遅延損害金については、判決の場合はともかく、示談や和解の場合は通常、遅延損害金はつけません。
 したがって、遅延損害金の点に注目しても、実際はそれほど大きな意味があるわけではありません。

3.責任追及とは別のリスクとなりますが、相手方に代理人弁護士が付いた場合、損害額等について従前と方針が変わる可能性がないとは言えません。現時点での損害賠償予定額等について、相手方保険会社から書面での提示を受けておいた方がよいでしょう。
 また、紛争が長期化した場合、相手方が債務不存在確認訴訟を提起してくる可能性がないとはいえず、この場合の哀悼の煩雑さなども考えられます。

2020年06月14日 10時57分
補足質問
User image 12

yuma - 2020年06月14日 13時07分

さっそくご回答いただき、誠にありがとうございます。 たいへん参考になりました。
ご回答の内容について、念のため、もう少し確認させていただいでもよろしいでしょうか?
物損の賠償額について先行して交渉し、相手方保険会社と合意が得られたときに、
物損の賠償額について、書面での提示を受けておくだけで、すぐに賠償金を受け取らなかった場合です。
つまり、人身の対応がどうなるかわからないため、物損だけを先行して示談することを拒否したとします。
その後、人身の示談交渉で合意が得られず、訴訟となり、判決まで至ったとした場合に、
すでに合意が得られている物損の賠償金を受け取らなかったことで発生する延滞金について、
相手方保険会社から「損害を拡大させたとして 被害者側が責任を追及される」ということが あるのでしょうか?
このような場合は、裁判所が延滞金を認めないだけで、 被害者側の責任云々という問題は発生しないと思うのですが、いかがでしょうか?
お忙しいところ、たいへんお手数ですが、よろしくお願いいたします。
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2020年06月14日 17時50分

「延滞金について」「被害者側が責任を追及される」という点が、遅延損害金の減額という意味であれば、加害者又は保険会社としては賠償金相当額を供託すればよいので(本気であれば)、かかる主張に力を入れる実益はありません。実際に供託する例はまれですが。私の知る限りでは、単に遅延損害金は争うという主張がほとんどです。
損害額(元本)自体に争いがあれば、因果関係を争うなどの具体的主張を行なってくるでしょう。
なお、ご回答は以上にて終了とさせていただきます
お礼メッセージ

いろいろとご回答いただき、ありがとうございました。
たいへん参考になりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

過失割合に不満です

示談 2020年03月25日

私は原動機付自転車で信号のない丁字路で止まれを一旦停止目前左足をついて停止するところでした。 中央線のない狭い道路でしたので、 走行車線の真ん中より左にいたように記憶しています。 相手は普通車で私から見て左から右折してきて、 ハンドル...

自転車と自動車の交通事故時の事後対応(相談者は自転車/現地調査・通院検査済)

示談 2019年12月19日

自転車と自動車の交通事故(相談者は自転車側)の対応について相談をさせて下さい。 自身と相手それぞれの影響(金銭やそれ以外のもの)を踏まえ、今後のアクションを判断をしたいと考えています。 <事故時及びその後の状況> ・信号のない交差点で...

物損事故過失割合0:相手保険会社が全損を分損と言ってきた。どう対応したらいいのかわかりません。

示談 2019年05月02日

車同士の物損事故で、過失割合については相手が100%過失を認めています。 [当初の情報] ・修理費52万円 ・時価額46万円 ・評価は全損 賠償金額は時価額46万円が通常だが 「迷惑をかけたお詫びとして修理費52万円を支払う」との説明...

信号無視人身事故示談交渉について。

示談 2019年04月17日

今年の1月終わりに自分の信号無視で人身事故【車対車】を起こしました。 相手方は、軽傷で救急車で運ばれています。 3月末に免許センターから免許の点数のハガキ【交通違反【事故】で5点と書かれてありました】と保険会社から相手がいくらかかった...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する