自転車事故。自転車に過失がある場合、こちらの車の修理費は請求できる?

User image 1 テクマクさん 2017年05月03日 03時11分

車で優先道路を制限速度で走向中、交差点に一時不停止で進入してきた自転車と接触しました。
自転車側は全治一週間の打撲と自転車の全損。車はフロントバンパーが損傷。現場検証の警察官からは100%自転車が悪いとの感想をもらっています。
自転車の高校生とその母も100%自分が悪いと言っているにもかかわらず、自転車や制服、治療費など請求されそうです。つっぱねたいのですが、私の主張は通りますか?
また、私の車の修理代を相手に請求したいのですが、通りますか?

自転車の一時不停止による衝突は自転車:自動車=4:6が基本とされており、車の優先道路である点を考慮して自転車側の過失を多少加算したとしても、当然に自動車の過失ゼロとは言えないように思います。
一般論としては、こちらの過失ゼロとするためには、他に有利な事情を検討する必要があるのではないかと思います。
警察官の方が自転車の過失100%と判断した根拠を確認頂いた上で再検討する必要があります。

仮にこちらの過失がゼロかそれに近い割合でない場合、過失割合に応じて相手の損害を賠償する必要があるため、修理代の請求が困難となる可能性があります。

相手が過失100%を争わなければよいのですが、過失割合を争ってきた場合には、訴訟提起が必要となる可能性があります。
また、相手の自転車が保険に加入していない場合には、相手方からの回収可能性も考慮する必要があります。高校生となると、法的には親には賠償責任が発生しない可能性が高いです。最終的に親の判断で立て替えするか否かはともかくとして。

2017年05月03日 10時01分

自転車のほうが過失100%なら、あなたの
車両修理代は請求できますね。
相手の損害はあなたに請求できないですね。
自己負担になります。
過失割合が問題になることもあるので、
実況見分調書を入手しておくといいですね。

2017年05月03日 11時24分

当事者同士の示談で全て丸く収まれば問題ありませんが,もしも相手方が争ってきた場合,過失割合や損害額が争いになると思います。
車と自転車の事故の場合,裁判での争いになれば,よほど特殊な状況でない限り,車の過失割合(民事)が0というのは難しいです。
ですので,相手方の怪我について,治療費などを請求された場合,支払わなければならない可能性は高いです。
他方,ご相談者様についても,車が損傷しているとのことですので,車の修理代について,請求すること自体はできます。ただ,先にも述べたように,お互いの過失割合と損害の額が問題となるでしょうから,最終的にどのぐらいの額が入る(出る)ことになるのかは,今後の交渉(裁判)次第ということになるでしょう。

任意保険にご加入であれば,弁護士費用特約について保険会社にお問い合わせになった上で,弁護士に一度ご相談されることをお勧めします。

2017年05月09日 15時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

交通事故被害者です。物損のみの示談先行は必須ですか?

示談 2020年06月14日

交通事故の被害者です。 賠償請求の進め方の考え方について教えてください。 事故の様態が悪質(故意の信号無視)で、かつ、謝罪等も一切なく、 加害者は警察の聴取で嘘の供述をしています。 また、怪我の治療費の負担についても、一方的に打ち切ら...

過失割合に不満です

示談 2020年03月25日

私は原動機付自転車で信号のない丁字路で止まれを一旦停止目前左足をついて停止するところでした。 中央線のない狭い道路でしたので、 走行車線の真ん中より左にいたように記憶しています。 相手は普通車で私から見て左から右折してきて、 ハンドル...

自転車と自動車の交通事故時の事後対応(相談者は自転車/現地調査・通院検査済)

示談 2019年12月19日

自転車と自動車の交通事故(相談者は自転車側)の対応について相談をさせて下さい。 自身と相手それぞれの影響(金銭やそれ以外のもの)を踏まえ、今後のアクションを判断をしたいと考えています。 <事故時及びその後の状況> ・信号のない交差点で...

物損事故過失割合0:相手保険会社が全損を分損と言ってきた。どう対応したらいいのかわかりません。

示談 2019年05月02日

車同士の物損事故で、過失割合については相手が100%過失を認めています。 [当初の情報] ・修理費52万円 ・時価額46万円 ・評価は全損 賠償金額は時価額46万円が通常だが 「迷惑をかけたお詫びとして修理費52万円を支払う」との説明...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する