遠方での当て逃げ事故に対して、修理費以外に後日の警察の実況検分や調書作成に出向く交通費などを含めた請求

User image 1 juriraさん 2019年12月03日 11時24分

はじめまして、よろしくお願いします。

遠方(200km程度の)での当て逃げ事故です。
当方のドライブレコーダーを警察に提供し、捜査により相手方が判明しました。

保険会社より100(相手方):0(当方)との連絡を受けています。
事故形態は白色破線のセンターラインが引かれてた緩やかなカーブで、路側帯が双方にあります。
相手方路側帯に軽トラックが3台駐車しておりました。
当方には路側帯に人が居ました。
相手方が駐車車両を避ける為にセーターラインを越えて走行して衝突しました。
当方は人に接触しない範囲で回避行動をとりました。
衝突後、相手方は現場で一旦停車しましたが、その後事故現場から去り結果当て逃げ事故と成りました。

さて、上記を踏まえての質問ですが、後日警察の実況検分や調書の作成等の為、遠方の警察署や事故現場まで出向く必要があります。
この時のガソリン代や高速代などの経費が必要です。

相手方保険会社は基本的に修理費以外は、認められないと言っております。
しかし、根拠が有れば認めるケースもあるとも言っております。
この意味する事は、裁判例等の根拠であると考えています。

当て逃げ(不申告)は別の不法行為であると考えています。
事故での修理費以外に後日の警察の検分や呼び出しに係る費用は、通常の物損事故では発生しないと考えています。
とすれば、この費用を相手方に請求したいと考えています。

判例、裁判例を教えて頂ければ幸いです。
ご助言、アドバイスをお願い申し上げます。

本件にそのままあてはまるかはともかく、①大阪から東京へ展示場設置・運営のためアルバイト4名を乗せていた車両が事故にあったため、別途従業員派遣を受けた際の派遣費用1日分を認めた例として大阪地判平成12年10月4日、②運送会社の貨物車両につき発生した事故処理費用として、運送会社の責任者が、運転手の安否確認、事故車両の状態確認、関係先への謝罪のために要した人件費、ホテル代、高速代、ガソリン代について認めた例として、名古屋地判平成24年6月20日があるようです。
特に、②の裁判例は、本件に近いと解され、ご指摘の通り、当て逃げも別途道交法上の報告義務違反として罰則があり、刑事事件に該当する以上、捜査協力のための実況見分や事情聴取へ要する費用については相当因果関係ありと解することは可能ではないでしょうか。
また、もし、お仕事の休業(有給利用の場合を含む)を要する場合は、上記裁判例と同様にとらえ、休業損害を請求してもよいのではないでしょうか(相手方保険会社が認めるか否かはともかく)。

2019年12月03日 15時29分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

マイカーを業務使用中に野生のイノシシを轢き車が壊れました

交通事故 2020年07月31日

マイカーを業務使用中に夜、外灯の少ない高速道路を走行中飛び出してきた野生のイノシシを轢き、車が壊れ動かなくなりました。特に大きなけがはしませんでした。 その後警察と道路会社による現場検証が行われ、道路上にイノシシの死体が見つかり、イノ...

人身事故でゴールド免許にはならないのか?

交通事故 2020年06月21日

私の誕生日は7月です。3年2ヶ月前に人身事故をお越しました。法律上は全て処理されて、示談も済んでいます。免許の更新で5年のゴールドにはこれから先、ならないですか?

悪質ディーラーの整備請求

交通事故 2020年05月28日

車のドアロックが不調になり、勤務先の近くにある普段使わないディーラーNに預けたところ、色んな不具合箇所を指摘されて修理見積もりが来ました。 それを普段利用しているディーラーTに見せたところ、指摘箇所は全く問題無いとの事。 ドアロックの...

交通事故の過失割合はどのようにして決まるでしょうか?

交通事故 2020年03月24日

交通事故の過失割合はどのようにして決まるのでしょうか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する