過失割合のこと

User image 1 lu_52ae89c6さん 2018年01月16日 16時58分

先日、信号のない交差点で一時停止のある右側から来た車に右側後部座席に追突されました。
私は、制限速度で直進をしていて、交差点を超えたと思ったときに、すごい衝撃で追突されました。
事故直後に、私は車から降りて、と、一時停止していたのか不明なのに、相手に「一時停止もせずに何をやってるんだ」と言ったところ、相手が「すみません、考え事をしてました」と、一時停止していないと言うことに否定はしませんでした。
ところが、相手の保険屋から言われたのが、一時停止をして、出たところ急ブレーキをかけたがぶつかったと言う事を言われました。
事故直後の発言と、保険屋さんに言ったことが違います。
もし一時停止して、出てきたのなら、私の車の破損状況に納得ができません。
私の車は普通車ですが、フレームが曲がっていて交換になりました。
車の床のフレームを、歪んでおり、タイヤのバランスも狂っている程の衝撃があります。
停止線から、衝突した場所まで約6メートル位の距離で、相手の車がトヨタのプリウスなので、停止からの加速は通常のガソリン車に比べ、遅いので停止したのならここまで酷い破損にならないと思います。
この様な状況でも、相手の一時停止して確認しながら交差点に入り、急ブレーキをかけたが、衝突したということが通り、過失割合が決まってしまうのでしょうか?
当方は、夫婦で事故で怪我もおい、ぶつけられ、過失割合があるから修理費用まで出さないといけないと言うことに、納得できず寝不足になり体調もすぐれません

実況見分はなかったのですかね。
事故状況を立証することができませんかね。
あなたの言い分が正しいので、曲げてはいけません。
訴訟になることもあります。
訴訟を辞さないことを覚悟して、一時停止違反を主張
してください。
破損状況から推測する相手の一時停止違反は説得力
があると思いますよ。

2018年01月16日 18時19分

損傷した車の写真を見ていないので断定的なことは申し上げられませんが、わずか6mの加速ではありえない損傷の仕方であれば、一時停止をしたという主張は通らないでしょう。

もっとも、交渉では相手は譲らない可能性があるので、裁判をする必要があるかもしれません。

2018年01月16日 18時24分

上記の損傷状況や位置関係を前提にする限りでは、相手方が急ブレーキをかけたという主張は不合理ではないかと思います。

ただ、相手方本人が過失割合100%でないとの主張に変更したのであれば、相手方保険会社も本人の意向に反することは難しいでしょう。

こちらの過失割合が小さければ、持ち出しになる可能性は低いですが、貴殿の修理代等の損害合計額×相手方過失割合ー相手方の修理代等の損害合計額×貴殿過失割合、の金額での精算が必要となります。

訴訟提起が必要となる可能性がありますが、まずは相手方保険会社に訴訟提起を予告して、相手方を説得して頂くよう要請するのも一つの手ではないかと思います。

2018年01月16日 20時46分

相手の車が一時停止したかしていないかは、車両の損傷態様からわかる場合もありますし、わからない場合もあります。専門家による調査を行うよう保険会社に求めるのも一つの手です。いずれにせよ、納得ができないのに示談をすることはおすすめしません。示談をしないのであれば、裁判で解決ということになります。何も証拠がなければ、最後の決め手となるのは本人への尋問です。

2018年01月18日 01時42分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

防犯カメラの停車秒数を警察に調べてもらったが、相手の保険会社に伝えられない

過失割合 2018年05月14日

先日駐車場内での接触事故がありました。 私の2台空いた左側に相手が停車していて、私が車を切り替えるため相手の車の後ろ側までバックして停車していたところ相手の車がバックしてお尻同士がぶつかりました。 警察にも相手をふまえたうえ、停車して...

8:2の過失割合

過失割合 2018年02月14日

先日、信号機の無い、住宅街にある小さな交差点 で、事故をしました。 相手は優先道路で、私の左から交差点を直進。私は、一時停止がある道路で交差点を、直進となります。 自宅からすぐ近くの、その交差点は毎朝、娘を保育園に送迎するのに通る道で...

自転車に乗る母と、先方が運転する自動車との接触事故。先方の代理人(弁護士)から通知書が来ました

過失割合 2018年01月17日

昨月に、自転車に乗る母と、先方が運転する自動車との接触事故があり、車が一時停車した時に、母が自転車で、30cm弱の傷を付けてしまいました。 傷を付けるに至った経緯には、先方と当方では、事故に対する見解が、180度異なっております。 当...

交通事故(自動車対自転車)での過失割合について

過失割合 2018年01月16日

家族の自転車と自動車の事故です。 自転車は直進(右側通行)、自動車は左折で衝突。 自転車の物損のみ(前輪のスポークが1/3部分でかなり折れ曲がり走行不能)です。 自動車運転者は、隣接する公園のトイレを利用したくて公園の周りを走行して入...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

過失割合に強い弁護士

【初回相談30分無料】【土・日・祝日相談可 ※要予約】3名の若手弁護士が、素早いフットワークで皆さまをサポート...

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【初回相談30分無料】【夜間・休日相談可】精神的なバックアップと柔軟な対応を重視しております。まずはお気軽にご...

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

【初回相談30分無料】【四谷三丁目駅徒歩3分】弁護士歴40年の実績経験豊富な心優しい弁護士が、貴方の「幸せ」の...

【初回電話相談15分無料】【夜間23時まで相談可】【年100件以上の実績】【24時間面談予約可】一人で悩まず、...

ページ
トップへ