スキーで衝突!

Legalus編集部さん 2015年05月01日

 スキー場で滑っていたところ、脇からひょろひょろと進路に入ってきた人にぶつかり、相手は靭帯を伸ばしてしまったようです。相手から損害賠償を請求されたのですが、払わなければならないのでしょうか。


(年齢不明:男性)

関連Q&A

損害賠償支払い命令を踏み倒せる??

慰謝料・損害賠償 2016年10月31日

会社の同僚にこんな質問を受けました。 「ある交通事故によって相手に裁判を起こされて損害賠償の支払い命令を受けた知人がいるが、その判決が確定した」 「詳しい金額は分からないが1千万近い。しかし彼(その知人)は住んでいたアパートを出て住所...

被害者の過剰な病院での治療をやめさせる事は可能ですか?

慰謝料・損害賠償 2015年07月23日

自動車での追突事故を起こし、相手に頚椎捻挫(全治2週間)の診断がされました。後日、被害者宅へ謝罪に伺うと病院で処方されたはずの頚椎用のコルセットも外され、通常の生活をされている様でした。また、被害者が近所であるためコルセットを装着せず...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたが相手に損害賠償を支払う責任が生じるのは、あなたに不法行為(民法709条)が成立するときです。  不法行為が成立するには、



    1. 故意または過失によって、

    2. 相手の利益を違法に侵害すること


    が必要です。


     あなたのケースでは、故意は認められないでしょうから、過失があるかがポイントとなります。
     判例は、スキー場での事故について、事故現場が急斜面ではなく、下方を見通すことができたという事情にあるときには、上方から滑降する者には、前方を注視し、下方を滑降している者の動作に注意して、その者との接触や衝突を回避することのできる速度や進路を選択して滑降しなければならない注意義務があるとし、この注意義務に反したスキーヤーには過失が認められるとしています。

     したがって、あなたの場合にも、状況によっては過失が認められ、不法行為による損害賠償責任を負うことがあると思われます。

     もっとも、相手方が周囲を確認せずにコースに入ってきた場合や自分の技能を超えたコースで滑っていた場合などには、相手方にも過失が認められ、過失相殺により損害賠償額が減額されることがあります(民法722条2項)。

2015年05月01日

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ