バイクを弁償した上に慰謝料も払わなくちゃいけない?

Legalus編集部さん 2015年04月15日

 駐輪場においてあるバイクを倒してしましました。バイクの所有者と示談を進めており、こちらとしては修理代14万は支払うつもりです。しかし、相手方はそれ以外に慰謝料7万円、さらに5万円請求されています。修理代以外の請求は妥当なのでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

損害賠償支払い命令を踏み倒せる??

慰謝料・損害賠償 2016年10月31日

会社の同僚にこんな質問を受けました。 「ある交通事故によって相手に裁判を起こされて損害賠償の支払い命令を受けた知人がいるが、その判決が確定した」 「詳しい金額は分からないが1千万近い。しかし彼(その知人)は住んでいたアパートを出て住所...

被害者の過剰な病院での治療をやめさせる事は可能ですか?

慰謝料・損害賠償 2015年07月23日

自動車での追突事故を起こし、相手に頚椎捻挫(全治2週間)の診断がされました。後日、被害者宅へ謝罪に伺うと病院で処方されたはずの頚椎用のコルセットも外され、通常の生活をされている様でした。また、被害者が近所であるためコルセットを装着せず...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     器物や建物を損壊した場合、その財産的損害が賠償されれば精神的損害も同時に慰謝されるというのが常識的な考え方でしょう。判例もそのように考える傾向にあるようです。



     慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償です。人が死亡したり、ケガをした場合には、それによる財産的損害(治療費等)だけでなく、精神的にも大きな苦痛を受けますから、慰謝料の請求が認められます。

    これに対して、物が壊れた場合、物には代替性があることから、被害者の愛情利益や精神的平穏を強く害されるような特段の事情が存在しないかぎり、財産的損害にとどまり、慰謝料は認められないとされているのです(東京地裁平成6年6月17日判決参照)。



     なお、相談文中の「さらに5万円請求されています」の5万円に関しては全く根拠のない請求であると考えられるので支払う必要はないでしょう。

2015年04月15日

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ