交通事故に遭った!保険金すぐにもらえる?

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 先日、国道を乗用車で走行中、突然わき道から飛び出してきた軽自動車に衝突され、負傷し、全治3ヶ月と診断され入院しています。
 加害者は任意保険に入っているため、ある程度のお金は出ると思うのですが、私はアルバイトの身で、家族の生活のこともあり、少しでも早くお金を受け取りたいところです。
 前払いしてもらうことが可能かどうか教えてください。

(30代:男性)

関連Q&A

損害賠償支払い命令を踏み倒せる??

慰謝料・損害賠償 2016年10月31日

会社の同僚にこんな質問を受けました。 「ある交通事故によって相手に裁判を起こされて損害賠償の支払い命令を受けた知人がいるが、その判決が確定した」 「詳しい金額は分からないが1千万近い。しかし彼(その知人)は住んでいたアパートを出て住所...

被害者の過剰な病院での治療をやめさせる事は可能ですか?

慰謝料・損害賠償 2015年07月23日

自動車での追突事故を起こし、相手に頚椎捻挫(全治2週間)の診断がされました。後日、被害者宅へ謝罪に伺うと病院で処方されたはずの頚椎用のコルセットも外され、通常の生活をされている様でした。また、被害者が近所であるためコルセットを装着せず...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     一部の前払いが可能です。

     保険会社から賠償金を受け取るまでには、必要な書類をすべて揃える必要があるため、かなりの時間を要します。そこで、被害者を救済する制度として、当面の出費にあてるために一定の金額が速やかに支払われる仮渡制度自動車損害賠償保障法(自賠法)17条)があります。
     また、保険会社が、被害者の必要に応じて治療費など必要な額を毎月支払う、内払い制度もあります。これは保険会社のサービスです。

     仮渡制度の利用は下記の場合に限られます(自動車損害賠償保障法施行令(自賠法施行令)5条)。なお、仮渡金は保険会社への申請から通常、1週間程度で支払われます。


    1. 死亡した場合...290万円

    2. 次の傷害を受けた者...40万円

      1. 脊柱の骨折で脊髄を損傷したと認められる症状を有する者

      2. 上腕又は前腕の骨折で合併症を有する者

      3. 大腿又は下肢の骨折

      4. 内臓の破裂で腹膜炎を併発したもの

      5. 14日以上病院に入院することを要する傷害で、医師の治療を要する期間が30日以上の者



    3. 次の傷害を受けた者...20万円

      1. 脊柱の骨折

      2. 上腕又は前腕の骨折

      3. 内臓の破裂

      4. 病院に入院することを要する傷害で、医師の治療を要する期間が30日以上のもの

      5. 14日以上病院に入院することを要する傷害



    4. 11日以上医師の治療を要する傷害を受けた者...5万円

     内払いの対象となるのは、治療費・入院雑費・通院交通費などです。死亡の場合および後遺傷害の場合には、内払金の請求はできません。
     支払対象となる費用が10万円以上になったときに、請求することができます(仮渡金を受領している場合は、その額を超えてから)。請求が受理されてから、支払まで約1ヵ月を要します。内払金の請求は、120万円の限度額に達するまで、何回でも請求できます。

     最終的に決定した賠償額より仮渡金・内払金の方が多い場合は、差額を保険会社に返さなければなりません。
     なお、過失割合などに争いがある場合、保険会社が内払いに応じないケースも少なくありません。その場合は、仮処分や調停などの法的手続きが必要となります。

2014年01月14日

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ