自動車事故、新車に代えてもらえないのはなぜ?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月17日 23時54分

 先日、事故を起こしました。過失割合が、私は1割、相手は9割だそうです。
 両者とも保険に入っていたので、ほとんど過失のない私は、


  1. 新車に代えて欲しい

  2. 事故車を修理せず、同等の中古車を購入するので頭金(保険から25万)+不足分全額または9割を出して欲しい


との条件を出しましたが、すべて断られました。

 相手からの謝罪も、一切ありません。自分で交渉も謝罪もしない、こんな相手に何か処罰を与えることはできませんか?



(30代:男性)

匿名弁護士

     事故が起きたとき、見も知らぬ保険屋がしゃしゃり出てきて専門用語を振り回す。まるでこちらが加害者でもあるかのように高圧的にモノを言う。事故車には乗りたくないから車ごと替えてほしいといっても、できませんの一点張り。しかも本人からは何の連絡もない。

     こんな不愉快な状況に、法律的には2つの問題を見ることができます。今回はあなたの出した条件が通らなかった理由についてご説明したいと思います。



     あなたが出した条件を相手方が拒否した理由。それは「金銭賠償の原則」(民法722条1項417条)と関係があります。

     故意や過失によって相手方に損害を与えたものは、それによって生じた損害を賠償しなくてはなりません(709条)。この制度の趣旨は、「損害の公平な分担」です。

     被害者としてみれば、どうして「公平に分担」しなくてはならないんだ!悪いのはあっちだ!!と言いたくもなります。しかし、起きたことは仕方がない。被害者が損害を被った分、加害者はそれを補填しましょう、という理念に基づいてこの制度が存在しています。

     この制度には、「相手に懲罰を下す」という意味合いはありません。あるなら損害の分の支払いだけでは済まなくなります。それは相手に自分のした行為以上の過大な負担を課すことにつながりかねません。そこで民法は、自分のした行為の結果に限って加害者に責めを負わせることに決めました。懲罰的な後始末は、刑法やその他の特別法に委ねたのです。



     そしてその補填は「金銭で行うべし」と定められています。なぜでしょうか。

     金銭は誰でも手に入れられるものですから、支払う側のいらぬ調達負担を減少します。また、受け取った方も、金銭で随意に損害の穴埋めにあてることができます。金銭はそのような利便性を持っているため、損害補填の、言わば「道具」として選ばれたのです。

     当事者間で別段の定めをすれば、もちろん、その取り決めが優先します。しかし、そのような約束がなかった場合や、当事者が合意に達しなかった場合は、原則に返って金銭で補填がなされます。

     あなたの希望、1. 新品の調達や 2. 代替的状態を作り出すことは、「損害の金銭による補填」という枠からはみ出す要求であったのです。

2015年07月17日 23時54分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

交通事故の相手が無免許、無車検、無保険、無職。泣き寝入りするしかないんでしょうか。

慰謝料・損害賠償 2017年06月24日

交差点で、青信号なので車で通過しようとしたら左から信号無視で進入してきた車の前側面に追突してしまいました。お互いに、怪我をしてしまい救急車で運ばれ、怪我は軽かったのですが、相手が、無免許で無車検、無保険なんです。 相手の車は知り合いか...

当て逃げで慰謝料を請求しようと思います。

慰謝料・損害賠償 2017年05月17日

はじめまして。ご相談にのって頂きたくご連絡致しました。先日、信号待ちをしてるときに当て逃げをされました。警察に届け、20日後に犯人が特定されました。相手はぶつけたことはわかっており、ぶつけた瞬間に目も合ってます。動転して逃げてしまった...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

ページ
トップへ