あとで発見した車の傷、損害賠償請求できない?

Legalus編集部さん 2015年05月09日

 昨日、近所のスーパーの駐車場に車を駐めていたら、隣に軽自動車が停まり、相手の車のドアが私の車のドアにぶつかりました。しかし、夜だったこともあり、その場では傷の具合を確認なかったのと、相手の子供も泣き出したので、「まあ大丈夫でしょう」とそのまま別れてしまいました。
 ところが次の日、明るい場所で車の傷を確認したところ、後部座席のドアに「えくぼ」程度のへこみが見つかりました。ディーラーに持って行って聞いたところ、「この程度なら裏からたたけばすぐ直りますよ。ただ、2~3万円はかかります」とのことでした。
 へこみの責任は相手にあるので、修理費を請求しようと思っています。でも、連絡先がわからないため、請求しようがない状況です。ナンバーはメモしてありますが、どうしたらいいでしょうか。


(40代:男性)

関連Q&A

損害賠償支払い命令を踏み倒せる??

慰謝料・損害賠償 2016年10月31日

会社の同僚にこんな質問を受けました。 「ある交通事故によって相手に裁判を起こされて損害賠償の支払い命令を受けた知人がいるが、その判決が確定した」 「詳しい金額は分からないが1千万近い。しかし彼(その知人)は住んでいたアパートを出て住所...

被害者の過剰な病院での治療をやめさせる事は可能ですか?

慰謝料・損害賠償 2015年07月23日

自動車での追突事故を起こし、相手に頚椎捻挫(全治2週間)の診断がされました。後日、被害者宅へ謝罪に伺うと病院で処方されたはずの頚椎用のコルセットも外され、通常の生活をされている様でした。また、被害者が近所であるためコルセットを装着せず...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     普通乗用車の場合は、所有者はナンバーと共に登録されています。そこで、陸運局内の交通安全協会でOHPシートと印紙を購入し、あなたの身分証をもって登録課に提出すれば、車検証と同じ内容が記載された用紙を交付してもらうことができます。

     しかし、軽自動車の場合、所有者の情報を管理しているのは全国の軽自動車検査協会です。
     軽自動車協会は、運輸大臣に代わって軽自動車の検査を行う機関として、昭和47年に運輸大臣の認可を受けて設立されたものです。昭和62年、経営の自立化・活性化を図るため、政府出資金を全額返済して民間法人化されました。


     ただ、軽自動車は登録制ではなく届出制をとっているため、ナンバーから所有者が突き止められるとは限りません。
     そこで、交通事故として警察に届出て、捜査機関に所有者を調査してもらうことが考えられます。


     しかし、ここで注意が必要なのは、相手は当て逃げしたわけではないということです。本件の場合は当事者双方が現場において話し合いの上、「お互いに取りざたしない」との合意をしたわけです。
     この行為は、法律的には和解契約による損害賠償請求権の放棄にあたり、強迫錯誤がない限り、書面などを作成しなくても、有効に成立したものと考えられます。
     したがって、警察が動いてくれるとは限らないし、たとえ首尾よく相手を探し出したとしても、当然に損害を賠償させることはできません。


     現場が暗くて車体の傷を現認できなかったとか、相手の子どもが泣き出したとかいう事情は、和解契約の無効を主張する理由にはならないと考えてください。
     予想外に大きい傷だったという事情を説明し、相手に理解を求めるのが得策だと思います。

2015年05月09日

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ