被害者の過剰な病院での治療をやめさせる事は可能ですか?

Legalus編集部さん 2015年07月23日

 自動車での追突事故を起こし、相手に頚椎捻挫(全治2週間)の診断がされました。後日、被害者宅へ謝罪に伺うと病院で処方されたはずの頚椎用のコルセットも外され、通常の生活をされている様でした。また、被害者が近所であるためコルセットを装着せずに生活している様子を見ることも多々ありました。被害者側からさらに治療期間の延長(2週間)の連絡を受け了承しましたが、再度2週間の治療期間の延長の申し出もありました。

病院で処方されたコルセットを装着せずに症状の改善がみられないと言い、治療期間の延長をすることに違法性はないのでしょうか?尚、私の自動車保険は自動車賠償責任保険のみです。



(30代:男性)

関連Q&A

損害賠償支払い命令を踏み倒せる??

慰謝料・損害賠償 2016年10月31日

会社の同僚にこんな質問を受けました。 「ある交通事故によって相手に裁判を起こされて損害賠償の支払い命令を受けた知人がいるが、その判決が確定した」 「詳しい金額は分からないが1千万近い。しかし彼(その知人)は住んでいたアパートを出て住所...

同乗者に「事故の際、賠償請求はしない」旨の同意書を書かせたい

慰謝料・損害賠償 2015年07月22日

大学生の娘が、サークル活動のため、毎週土日にサークル部員を車に乗せなければならなくなりました。交通の便があまりよくない地域のため、娘が車を出せなくなると、活動を中止せざるを得ない状況です。 しかし、運転があまりうまくない上に、厳冬期の...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     被害者が病院で処方されたコルセットを装着するかどうかや治療期間を延長するかどうかは究極的には被害者の自由ですが、あなたとしては、その全てにつき損害賠償責任を負担する必要はありません。

     つまり、交通事故の被害者に対する加害者の損害賠償責任は、交通事故と相当因果関係にある(民法416条)損害についてのみで足りるからです。



     被害者が病院で処方されたコルセットを早期に外されていることからすると、実際には当初の診断結果である2週間程度で治療の必要性が無くなっている可能性もありますね。とすれば、あなたとしてはその後どれだけ長く被害者が通院治療をしたとしても、治療の必要性が無くなり且つあなたが了承していない分の治療費等を被害者にお支払いする必要は無くなります。

    あなたが直接被害者の受診している病院に、治療の必要性について尋ねることができると話は簡単なのですが、プライバシーの関係もあるので被害者の同意がなければあなたが直接病院に治療の必要性についての回答を得ることはできません。

    ですから、あなたとしては、これ以上の治療期間の延長を認めないと毅然とした態度で被害者に伝えた上で、被害者の治療が完了したとして被害者から具体的にあなたに対して治療費なり慰謝料なりの要求がなされた時点で、弁護士に委任し、債務不存在確認請求訴訟の裁判等で決着をつける事をお薦めします。

2015年07月23日

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ