自動車事故の加害者が破産!賠償請求はできない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月04日 02時07分

 自動車事故で、人身と物損両方の被害に遭いました。

 加害者が100%悪いのに、加害車両は無保険者車であり、相手方からの支払いが全くありません。

 たまたま、私は人身傷害付弁護費用付の保険に入っていたため、弁護士に依頼しましたが、その弁護士から、「相手が破産宣告しているらしいので賠償請求できない。」と言われました。人身は強制保険でいけるのですが、車両の修理代がかなりかかり、途方に暮れています。当てられ損でしかないのでしょうか。救済していただける方法はありませんか?


 

(50代:男性)

匿名弁護士

     加害者が破産宣告を受けた時期はいつでしょうか。あなたとの自動車事故の前に破産宣告を受けていた場合と、あなたとの自動車事故の後に破産宣告を受けていた場合とでは、理由が異なりますので(結論は余り変わらないのですが)、場合を分けてご説明致します。



     まず、自動車事故の前に破産宣告を受け、免責決定が確定していた場合、借金を払わなくて良いとする免責決定破産法253条第1項)の効果は、あなたに対する物損の損害賠償債務にまでは及びませんので、法律的には、あなたは加害者に対し、損害賠償として、車両の修理代を請求することができます。

    ただ、あくまでも、「法律的には」請求できるのであり、実際には、あなたが保険の弁護士さんから言われた様に、残念ながら請求できないことが多いでしょう。破産宣告を受けた様な加害者に十分な資力があるとは考えられないからです。お金が無い人に対し、幾ら「支払え。」と言ったところで、支払えないものは支払えないのです。


     勿論、加害者が自らの意思で、親戚からお金を借りてあなたに支払う、などしてくれれば良いのでしょうが、あなたとしてはそれを強要することまではできません。

     最大限あなたにできることは、相手方に対して訴訟等を起こし、損害賠償請求権を判決により認めて貰い、損害賠償請求権の時効を、事故の時より3年間という本来の時効期間(民法709条)から、確定判決の時から10年間という長期の時効期間に延長(同法174条の2)をし、その10年間で加害者が資力を蓄えるのを待ち、取り立てる、という方法位です。

     ただ、これには費用も労力もかかりますので、コスト的には余りお薦め致しません。



     自動車事故の後に破産宣告を受け、免責が確定した場合、免責決定は借金を払わなくて良いとする決定(破産法253条第1項)なので、加害者があなたに対して、車両の修理代を支払う法的義務は消滅します。

     同じ自動車事故でも人身についての損害賠償義務は、免責決定によっても消滅しませんが(※故意、又は重過失のみ・同法同条同項第3号)、物損についてはその様な除外規定がありません。

    ですから、あなたは、加害者に対して車両の修理代を請求することは、「法律的にも」できません。

2015年07月04日 02時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

交通事故の相手が無免許、無車検、無保険、無職。泣き寝入りするしかないんでしょうか。

慰謝料・損害賠償 2017年06月24日

交差点で、青信号なので車で通過しようとしたら左から信号無視で進入してきた車の前側面に追突してしまいました。お互いに、怪我をしてしまい救急車で運ばれ、怪我は軽かったのですが、相手が、無免許で無車検、無保険なんです。 相手の車は知り合いか...

当て逃げで慰謝料を請求しようと思います。

慰謝料・損害賠償 2017年05月17日

はじめまして。ご相談にのって頂きたくご連絡致しました。先日、信号待ちをしてるときに当て逃げをされました。警察に届け、20日後に犯人が特定されました。相手はぶつけたことはわかっており、ぶつけた瞬間に目も合ってます。動転して逃げてしまった...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

依頼者のために最善を尽くしていきます

【初回法律相談無料】 お気軽にお問い合わせください。

交通事故の被害に遭われた方を徹底的にサポートします。

ページ
トップへ