交通事故で車が破損!損害額はいくら?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月21日 02時04分

接触事故をおこしてしまいました、修理代は10万円ほどだと思いますが、車の査定額が落ちるのでその差額も請求すると言われました、任意保険に加入前の事で自己負担なのですが、全て相手の請求する額を支払わなければいけないのでしょうか?


(10代:男性)

匿名弁護士

相手にも過失があったのであれば、その過失割合の分は、支払う必要がありません。


交通事故により自動車が破損して修理が可能である場合、その損害額は、修理費と、事故によって車の査定額が下がった場合の評価損(格落ち)価格となります。

このうち、評価損の請求が認められるかは、裁判においてもケースバイケースですが、評価損を認めた裁判例の多くは、修理費の一定割合としており、修理費の10~30%の認定が多いようです。

そのため、ご相談の場合も、車種や年式、故障の程度、購入時期、そして修理費などに照らして、評価損の請求額が不当に高額であるようなら、支払いを拒絶するべきです。目安としては、修理費が10万円なので、1~3万円でしょう。


その上で、交通事故の責任が、100%あなたにあるのであれば、修理費と正当な評価損額の合計額を全て支払う必要があります。あなたの車の損害についても当然自己負担となります。


しかし、被害者側にもいくらかの過失責任がある場合には、加害者側と被害者側の損害額を合算し、それぞれの過失割合に応じて負担します。


すなわち、被害者の車の損害額の合計額と、あなたの車の損害額の合計額(損害の総合計金額)に、あなたの過失割合を掛けたものが、あなたの負担金額となります。それ以上は支払う必要がありません。


 計算式で表すと、以下の通りです。



(あなたの車の損害額+被害者の車の損害額)×あなたの過失割合=あなたの負担金額


2015年04月21日 02時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

二年前、付き合っていた彼氏が私の車を運転して事故を起こしました。彼と別れることになってので、慰謝料を請求したいです。

慰謝料・損害賠償 2017年10月18日

二年前付き合っていた彼氏が私の車を運転して事故を起こしました。私も同乗してました。 幸い二人に怪我はありませんでしたが、車は廃車にしたほうが良いくらいで、修理に100万位掛かりました。 私の両親も二人に任せると言われましたが、その時は...

車対車の事故。勝手に修理工場と話をされ、苦情を言うとそれ以降連絡が途絶えました。事故の相手に修理やり直しとその他損害賠償を請求できますか。

慰謝料・損害賠償 2017年10月17日

初めまして。 車対車の事故になります。 走行中に右側後ろタイヤ付近から後方に傷を付けられました 相手方は保険会社に連絡をしましたが、こちらに聞かず、勝手に修理工場と話をし完全に直っていないのに苦情を言うとそれ以降連絡がきません。 事故...

店舗敷地内での怪我損害賠償請求出来るのか?

慰謝料・損害賠償 2017年10月11日

他のお客さんからもこけそうになった危ないからどうにかしなさいと注意されていたらしい店舗敷地内のコンクリートの地割れから穴が開くほどの段差で足をひねり転倒、骨折。1ヶ月半のギブス生活とその後のリハビリ、残念な事に骨はくっつかないとのこと...

中3の娘が自転車で車にはねられ、2週間の入院と今でも通院しています。慰謝料の請求はできますか。いくらぐらいが妥当ですか?

慰謝料・損害賠償 2017年09月25日

中3の娘が自転車で車にはねられ、2週間の入院と今でも通院しています。(検査で)外傷性蜘まっか出血、頭蓋骨骨折、鼻の匂いが戻りません。 幸い最初の二つは軽かったので二ヶ月ほどで直りましたが、鼻は自分自身じゃないとわかりません(本人はまあ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

【JR八丁堀駅徒歩2分】【初回相談無料】家庭内のトラブルや悩みなど、身近な問題ほど大きな悩みであり、これを解決...

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

【初回相談無料】元裁判官の弁護士が,ご依頼者様のため,全力で弁護させていただきます。

ページ
トップへ