スキーに行く途中、交通事故!運転手の責任でしょ!

Legalus編集部さん 2015年05月01日

 雪山に向かう車の中で、私がシートベルトをせずに運転席の後部座席で寝ている間に事故が起きました。チェーンをまかずに走っていて、スリップして対向車線にはみ出し、対向車にぶつかったのです。
 私は、おでこに傷跡の残る怪我をしました。この場合、私は運転手に損害賠償を訴えることができますか?


(20代後半:女性)

関連Q&A

損害賠償支払い命令を踏み倒せる??

慰謝料・損害賠償 2016年10月31日

会社の同僚にこんな質問を受けました。 「ある交通事故によって相手に裁判を起こされて損害賠償の支払い命令を受けた知人がいるが、その判決が確定した」 「詳しい金額は分からないが1千万近い。しかし彼(その知人)は住んでいたアパートを出て住所...

被害者の過剰な病院での治療をやめさせる事は可能ですか?

慰謝料・損害賠償 2015年07月23日

自動車での追突事故を起こし、相手に頚椎捻挫(全治2週間)の診断がされました。後日、被害者宅へ謝罪に伺うと病院で処方されたはずの頚椎用のコルセットも外され、通常の生活をされている様でした。また、被害者が近所であるためコルセットを装着せず...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたがどのような経緯で自動車に同乗されたのかはわかりませんが、おそらく、好意で乗せてもらったのだと思われます。
     そのような場合について、その車の保有者・運行供用者に損害賠償 できるかは「好意同乗者」の問題として争いのあるところです。


     この点、自動車損害賠償保障法(自賠法)3条の「他人」とは、自己のために自動車を運行の用に供する者及び当該自動車の運転者を除く、それ以外の者ということになっていますから、好意同乗者も賠償責任があるのが原則であると裁判所は判断しています。

     ただ、好意で乗せてもらっているわけですから、損害全額の賠償はできず、何らかの減額がなされるのが通常です。


     あなたの場合は、強引に乗り込んだような場合と異なり、純粋に運転者の好意で乗せてもらったにすぎないと考えられますから、特別な事情のない限り、治療費等の財産的損害については影響はなく、せいぜい精神的損害の賠償である慰謝料算定の際の減額原因になる程度で済むと思われます。


     もっとも、これとは別に、あなたがシートベルトをせずに寝ていたことにつき、過失が認められ、損害賠償額が若干減額されることはありうるでしょう(民法722条2項)。

2015年05月01日

慰謝料・損害賠償に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ