編集部コラム&ニュース

離婚・男女

Section banner divorce

同棲・内縁・事実婚

再婚禁止余話 同棲・内縁・事実婚 2016年01月06日

前回に、再婚禁止についての最高裁判決について書いたが、判決日に古くからの知り合いである社会保険労務士の先生との忘年会があり、そこで、この最高裁判決の話となり、面白い話を聞くことができた。 会社勤めの人などが、結婚をしたり、子供が産まれたような場合、結婚相手や子供を健康保険の被扶養者とする手続きをする。この手続きは、健康保険被保険者異動届というものである...

Eyecatch default
内縁関係の成立 同棲・内縁・事実婚 2014年01月07日

Q 内縁関係が成立するためには、1.婚姻の意思と2.夫婦としての共同生活の実体の2つが必要です。では、次の1~3の各場合について、太郎と花子に内縁関係は認められるでしょうか? 太郎と花子は、お見合いをきっかけに知り合って以来、約9年間交際が続いています。お互いにまだ家族に紹介せず、同居もしていません。しかし、お互いの家を行き来する生活を続け、夫婦限定の...

Eyecatch default
内縁の夫と死別するとどうなる? 同棲・内縁・事実婚 2014年01月07日

Q A男さんと、B代さんは、何十年も内縁関係にありました。ところが、この冬、寒さが厳しかったからか、A男さんは風邪をこじらせて突然死亡してしまいました。このとき、B代さんは、A男さんの相続人である息子C太郎さんに対して、財産分与を請求できるでしょうか? 請求できる 請求できない A 正解(2) 請求できない A男さんとB代さんが、あくまでも内縁の夫婦で...

Eyecatch default
内縁・同棲・愛人 同棲・内縁・事実婚 2015年07月31日

キーワード:内縁(ないえん) 同棲(どうせい) 愛人(あいじん) 「内縁」の妻、「同棲」中の彼、「愛人」関係にある女性... このように、「内縁」「同棲」「愛人」は、日常生活で男女の関係を表す際によく用いられます。 どれも親密な関係にあることはわかりますが、法律上はどう違うのでしょうか。 「内縁」とは、婚姻意思のもとに共同生活を行い、社会的には夫婦と認...

Eyecatch default
内縁の妻が夫の財布を盗んでも罪にならない? 同棲・内縁・事実婚 2014年05月30日

Q Bさんの内縁の妻であるAさんは、Bさんの不在中にBさんの財布を盗みました。 Aさんは、裁判において親族間で窃盗を犯しても刑が免除される(刑法244条1項)のだから、内縁とはいえ妻である自分も刑が免除されるはずだと主張しました。 Aさんのこの主張は認められるでしょうか。 認められる 認められない A 正解(2) 認められない 確かに、刑法244条1項...

Eyecatch default
内縁の妻も遺族厚生年金をもらえる? 同棲・内縁・事実婚 2014年05月02日

Q A子とB夫は、この5年程いわゆる内縁関係にあり、半年後に婚姻届を出し法律上も夫婦となることを約束していました。また、周囲の人たちもこのことを祝福していました。そんな時、B夫が交通事故で亡くなってしまいました。 この5年間主婦として生きてきたA子は遺族厚生年金を受け取ることはできるでしょうか? できる できない A 正解(1)できる 死亡した人によっ...

Eyecatch default
内縁の夫の死亡退職金は受け取れる? 同棲・内縁・事実婚 2014年06月11日

Q 内縁の妻であるA子さんは、内縁の夫Bさんの死亡退職金を受け取ることができるでしょうか? できる できない A 正解(1)できる 民法は法律婚しか認めていないので、法定相続人中に内縁の妻は含まれません。ですので、A子さんはBさんの遺産を相続することはできません。しかし、死亡退職金は、死亡者の収入によって生活を維持していた人のために支給されるものです。...

Eyecatch default
内縁関係を解消するには? 同棲・内縁・事実婚 2014年01月07日

Q AさんはBさんとの内縁関係を解消したいと考えています。 内縁関係には婚姻に準じて様々な法的保護が与えられていますが、内縁関係を解消するには何か法的な手続きがいるのでしょうか? 法的手続きが必要 法的手続きは不要 A 正解(2)法的手続きは不要 確かに、婚姻届が不提出という以外は事実上の夫婦関係にある場合には、内縁として一定の法的保護を図る扱いがなさ...

Eyecatch default

同棲・内縁・事実婚に強い弁護士

まずは,お気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

ページ
トップへ