DV 離婚・男女

DVは表沙汰になりにくいですが、暴力行為であることを自覚しましょう。夫婦間だけではなく、同棲中や内縁関係、恋人間でもDVは成立します。一人で対処せずに、公的機関や専門家へ相談することが解決への道です。また、被害の内容によっては、保護命令など法的手続きの力も借りましょう。こうしたDV問題の知識と、DV問題への対処方法を得意としている弁護士・法律事務所を紹介します。

DV

Eyecatch dv
Go To Top Html