法律コラム

DV

Section banner divorce

離婚・男女

ドメスティックバイオレンスについて DV 2015年04月15日

報道によれば、米プロフットボール、NFLを代表する選手による婚約者へのドメスティックバイオレンス(DV)をめぐり、リーグの対応に波紋が広がっているとのことです。当初、この選手の2試合出場停止処分を決めましたが、世論の批判を浴びると方針は二転三転し、選手会も処分決定の過程が不透明と反発しており、コミッショナーが謝罪するという事態にまで追い込まれています。...

ドメスティックバイオレンスについて
DV 防止法の適用範囲 DV 2014年01月07日

Q 夫から無視される、暴言を吐かれるなどの精神的な虐待を受けている場合も、いわゆるDV防止法(「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」)で保護されうる? 保護されうる 保護されない A 正解(1) 保護されうる。 DV防止法は、1条で「配偶者からの暴力」として、「配偶者からの身体に対する暴力」に加え「これに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言...

DV 防止法の適用範囲
内縁の夫から言葉の暴力を受けた・・・DV防止法の適用はある? DV 2014年01月07日

Q A子さんは、内縁の夫B男さんから、再三言葉による脅迫を受けてきました。 A子さんは、裁判所からB男さんにDV防止法の保護命令を出してもらえるでしょうか? 本問の場合にもDV防止法の適用はあるので、保護命令を出してもらえる。 内縁関係にはDV防止法の適用は無く、保護命令は出してもらえない。 A 正解(1) 本問の場合にもDV防止法の適用はあるので、保...

内縁の夫から言葉の暴力を受けた・・・DV防止法の適用はある?

DVに強い弁護士

お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内します。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【TV出演】【法律相談完全無料】【24時間365日受付】【土日祝/夜間の法律相談可】四大法律事務所の一流ノウハ...

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ