法律コラム

国際結婚・国際離婚

Section banner divorce

離婚・男女

【弁護士に聞く】日本人同士の離婚よりも難しい?国際離婚するときに注意すべきこと 国際結婚・国際離婚 2018年12月06日

離婚には、様々な困難が待ち構えていますが、とりわけ国際離婚の場合は、日本人同士の離婚よりもさらに難しい点があります。国が異なれば法律も異なり、結婚や離婚に関するルールも異なるからです。 国際離婚に関する問題点について、東京スタートアップ法律事務所の中川浩秀弁護士にお話を伺いました。 中川 浩秀 弁護士 (東京スタートアップ法律事務所) 企業のスタートア...

【弁護士に聞く】日本人同士の離婚よりも難しい?国際離婚するときに注意すべきこと
海外結婚・離婚の難しさ 国際結婚・国際離婚 2016年02月16日

自身のバックダンサーを務める内山麿我さんとの交際を宣言した歌手の浜崎あゆみさん。それから間もなく、内山さんが妻帯者であり、離婚裁判中だったことが明らかとなりましたが、その後に内山さんと前妻との離婚が成立。これで問題は解決したと思われましたが、浜崎さんと「離婚」したとされていたオーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツさんが、「まだ離婚していない」と公表...

海外結婚・離婚の難しさ
国際結婚と国籍 国際結婚・国際離婚 2016年01月30日

Q Xさんは、スイス人男性と結婚する事になりました。 この場合、Xさんの国籍はいずれの国のものとなるでしょうか。 スイス国籍 日本国籍 二重国籍 A 正解(3)二重国籍 日本人女性がスイス人男性と結婚すると、当該国の法律上当然に夫の本国の国籍を取得することになります。そして、「自己の志望」によって外国籍を取得したのではなく、婚姻によって外国籍を取得した...

国際結婚と国籍
世界の離婚(22) ~ハーグ条約~ 国際結婚・国際離婚 2013年08月02日

今回は、ハーグ条約について説明します。 「ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)」とは、監護権の侵害を伴う国境を越えた16歳未満の子の移動について、そのような移動が子の利益に反するとの考え、及び監護権の所在を決着させるための手続は移動前の常居所地国で行われるべきであるとの考えに基づき、子を常居所地国に戻すための国際協力の仕組み等を定め...

世界の離婚(22) ~ハーグ条約~
世界の離婚(23) ~共同親権~ 国際結婚・国際離婚 2013年08月02日

今回は、共同親権について説明します。 これまで取り上げた各国の離婚制度の中で、離婚後も元夫婦が共同して子どもの親権を有すると規定している国をいくつか紹介してきました(英国、フランス、ドイツ、中国など)。これに対して、日本は離婚時に父母のどちらかを親権者に指定する必要があります(民法819条)。 こうした制度の違いは、離婚後の生活にどのように影響してくる...

世界の離婚(23) ~共同親権~
世界の離婚(21) ~各国の離婚制度と国際離婚への影響~ 国際結婚・国際離婚 2013年08月02日

前回まで各国の婚姻制度についてみてきましたが、これらの国の人々と日本人が離婚する場合、どのような影響が生じるのでしょうか。 この件について定める「法の適用に関する通則法」によると、離婚について適用される法律は以下のようになります(27条、25条)。 夫婦が日本に居住しているのであれば、日本法が適用される 夫婦の一方が日本に常居所を有する日本人であるとき...

世界の離婚(21) ~各国の離婚制度と国際離婚への影響~
世界の離婚(7)~ロシア編~ 国際結婚・国際離婚 2013年08月02日

「世界の離婚」第7回目は人口世界9位の国、ロシア編です。 ◯婚姻 男女ともに婚姻年齢は18歳とされていますが、特別な事由がある場合には16歳から婚姻できるとされています(家族法13条)。 近親婚については、直系血族及び兄弟姉妹間(父または母の一方を同じくする兄弟姉妹も含む)、養親と養子の間の婚姻は禁止されていますが、日本と違い、おじ・おばとの婚姻は禁止...

世界の離婚(7)~ロシア編~
世界の離婚(14)~ニュージーランド編~ 国際結婚・国際離婚 2013年08月02日

「世界の離婚」、第14回目の今回はニュージーランド編です。 ◯婚姻 婚姻年齢は16歳とされていますが、20歳未満の場合、父母などの同意が必要となります。 近親婚については、直系血族及び直系姻族、兄弟姉妹、伯叔父母、甥姪との結婚が禁止されています。また、ニュージーランドでは同性間の結婚(civil union partner)が認められているため、パート...

世界の離婚(14)~ニュージーランド編~
世界の離婚(15)~韓国編~ 国際結婚・国際離婚 2013年08月02日

「世界の離婚」、第15回目の今回は韓国編です。 ◯婚姻 婚姻年齢は2007年の民法改正で男女とも18歳になりました。ただし、未成年(20歳未満。2013年からは19歳未満)の場合は、父母などの同意が必要となります。 近親婚については、2005年改正までは、同姓同本(姓と宗族の出身地である「本貫」が同じ)の場合は、婚姻が禁止されていました。現在は、(1)...

世界の離婚(15)~韓国編~
世界の離婚(1)~中国編~ 国際結婚・国際離婚 2013年08月02日

結婚や離婚はその国の文化や宗教観が法制度に色濃く反映されており、まったく同じ制度というものが2つとないような状況です。この連載では、離婚に重点を置きつつ、各国の結婚・離婚の制度を紹介していきたいと思います。 第1回目は人口世界1位の国、中国編です(以下は、2001年の婚姻法に基づきます)。 婚姻 中国においては、男性は満22歳、女性は満20歳から結婚で...

世界の離婚(1)~中国編~
ページ
トップへ