弁護士コラム

離婚・男女

Section banner divorce
自宅不動産の財産分与の方法 財産分与 2018年04月20日

夫(もしくは妻)名義の自宅不動産に妻(もしくは夫)がそのまま住み続けたい場合、どのような方法があるでしょうか。 例えば、夫婦の財産として、評価額が1000万円の自宅(住宅ローンなし)と、夫名義の預金600万円、妻名義の預金400万円がある場合、財産分与の対象は、合計2000万円となります。よって、離婚にあたり、原則的には1000万円ずつを夫婦で分けるこ...

オーバーローン不動産の財産分与 財産分与 2018年04月18日

夫婦が離婚する際、オーバーローン(不動産を売却しても、残ローンが払いきれない場合)の不動産を所有していると、問題が複雑になります。 この点、夫に多額の住宅ローンの支払いが残る事例において、支払利息を控除した元金充当分の合計額を不動産の実質的価値とみて、その合計額の2分の1の金額の財産分与を命じた判例もあります(名古屋高裁金沢支部昭和60年9月5日決定)...

住宅ローン付不動産の財産分与 財産分与 2018年04月16日

離婚時、夫もしくは妻の名義の不動産があるが、住宅ローンを支払い中の場合、どのように財産分与したらよいのでしょうか。 婚姻に基づく同居期間中に購入した不動産は、夫名義であると、妻名義であるとを問わず、原則として、実質的に夫婦共有財産であると考えられます。但し、夫もしくは妻の結婚前からの貯金や、親族からの援助により、相当額の頭金を支払っていたり、繰り上げ返...

借金と財産分与 財産分与 2018年04月15日

不動産や預貯金等の積極財産の他に、夫(もしくは妻)名義の借金(消極財産)がある場合、借金は財産分与において考慮されるのでしょうか? 夫(もしくは妻)が、ギャンブルや浪費等で独自に作った借金は、原則として考慮されません。夫(もしくは妻)が、両親等から相続により引き継いだ借金も同様です。しかし、生活費や子どもの学費、医療費等、夫婦共同生活に必要な費用の借金...

将来の退職金と財産分与 財産分与 2018年04月13日

夫(もしくは妻)が将来支給を受ける予定の退職金は、財産分与の対象になるのでしょうか。 この点、①そもそも退職金を財産分与の対象とすべきか、という問題と②財産分与の対象にした場合、分与する金額の算定方法及び、分与する時期をいつにするのか(離婚時なのか、退職金受領時なのか)、という問題に分けて考える必要があります。 まず、①財産分与の対象とすべきかどうかと...

競馬・宝くじで得た利益と財産分与 財産分与 2018年04月12日

婚姻期間中、夫婦それぞれが働いて得たお金で取得した資産(不動産等)は、財産分与の対象になります。では、夫(もしくは妻)が競馬や宝くじで得た利益で取得した資産は、財産分与の対象になるのでしょうか。それとも、夫(もしくは妻)の特有財産として、財産分与の対象にならないのでしょうか。 この点、夫(もしくは妻)が、小遣いで馬券を購入し、万馬券があたった場合、それ...

離婚の種類 調停・審判・裁判など 2018年04月02日

離婚するためには、いろいろな方法があります。 まず、 ・お互いが離婚に合意している ・子どもの親権者をどちらかに決めている この2点がクリアできていれば、離婚届を提出することができ、離婚が成立します。 このとき、子どもの養育費のことや夫婦の財産をどう分けるかを決めておく必要もあります。 これらの問題について、当事者が話し合って解決できるかどうかで、離婚...

離婚相談を受けるコツについて。 離婚・男女 2018年03月17日

ひと昔前までは、離婚というのは夫婦の間のもので、当事者の方が離婚の法律相談をすることも少なかったでしょうし、また、離婚調停に弁護士をつけるということも少なかったのではないかと思います。 ですが、昨今は、夫婦関係における権利意識が高まってきたことのほか、不貞だけでなく、DVやモラハラなどの夫婦間の問題が顕在化するようになり、離婚に際して弁護士に相談するこ...

別居親と子の面会交流について 離婚・男女 2018年03月09日

別居や離婚に伴い、子は夫婦のいずれか一方とのみ一緒に生活することになります。そこでしばしば問題になるのが、子を別居している相手方に会わせるかどうか、という問題です。 子は、大人の顔色を見る生き物です。本心では別居している親に会いたいにもかかわらず、同居している親の顔色を見て、「会いたくない」「会わなくていい」などと言ってしまいがちです。実際に、別居して...

離婚のために必要な別居期間 原因・理由 2018年03月06日

裁判離婚をするにあたっては、民法に定めた裁判離婚原因というものがなければなりません。 典型的なものでは、不倫や暴力などを挙げることができます。そして、これらと同様に「長期間の別居」も、婚姻関係が破たんしていると考えられ、裁判離婚原因の1つになっております。 遠い昔は、10年もの長い別居が離婚には必要とされていました。その後実務的には、約7年、約5年と、...

離婚・男女に強い弁護士

【より高い水準の解決を目指す】【1件1件丁寧に】【浮気慰謝料は全国対応ok】男女・離婚トラブルにお困りの方は優...

【初回相談15分無料】依頼者の不安を和らげ「最後に笑顔になっていただけること」をモットーに、戦略を練り、全力で...

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件、男女問題まで、心優しきサムライとして...

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

ページ
トップへ