法律コラム

相続

Section banner inheritance
特別縁故者が相続権を得るための要件・手続きを解説 相続手続 2021年06月08日

相続人ではないものの、亡くなった被相続人と深い関係にあった方は、「特別縁故者」として遺産を相続できる可能性があります。 ただし、特別縁故者として遺産を相続するまでには、かなり複雑かつ長期間に及ぶ手続きを経なければなりません。 もし特別縁故者として遺産を相続したい場合には、一度弁護士に相談して、対応方針について検討することをお勧めいたします。 この記事で...

特別縁故者が相続権を得るための要件・手続きを解説
遺産分割は一定期間禁止できる|目的・方法・期間・税務上の注意点を解説 遺産分割協議 2021年06月01日

ご家族が亡くなって相続が発生した場合、できるだけ早く遺産分割を行う方が、相続に関するストレスから早期に解放されるメリットがあります。 しかし、相続に関する事情によっては、遺産分割を一定期間保留した方がよいケースも考えられます。 その場合、民法によって遺産分割を一定期間禁止することが認められています。 相続発生後に遺産分割を禁止する方法も存在しますので、...

遺産分割は一定期間禁止できる|目的・方法・期間・税務上の注意点を解説
遺留分侵害額の請求先は?負担順序のルールを計算例とともに解説 遺留分 2021年02月12日

遺留分を侵害する遺贈・贈与が複数ある場合、誰が遺留分侵害額を負担するかという点が問題になります。 この場合、遺留分侵害額の計算は非常に複雑なので、弁護士に相談しながら正確に計算することをお勧めいたします。 今回は、遺留分侵害額の負担順序に関するルールについて、具体的な計算例を交えながら解説しますので、少しでもその内容をイメージしていただければ幸いです。...

遺留分侵害額の請求先は?負担順序のルールを計算例とともに解説
遺留分さえも渡したくない相続人がいる場合の対処法は? 遺留分 2021年02月03日

疎遠な相続人・素行が悪い相続人などに対して、被相続人の財産を全く相続させたくないというのは、心情的には理解できます。 しかし、民法上は「遺留分」という権利が認められているため、なかなか全く財産を相続させないのは難しいケースが多いところです。 遺留分は強力な権利なので、権利行使を阻止することは容易ではありませんが、生前に実行できる対策もいくつかありますの...

遺留分さえも渡したくない相続人がいる場合の対処法は?
認知症の人が遺言を残す場合の注意点は?遺言能力について 遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2021年01月10日

有効な遺言を残す際には、民法に定められた要件に従う必要があります。 遺言を有効たらしめるための要件の一つが、「遺言能力」です。 遺言者の遺言能力について疑義が生じると、相続人同士の紛争の原因になってしまいますので、あらかじめ対策を施しておくことが大切です。 この記事では、遺言を残す際に必要となる遺言能力について解説します。 目次 1. 有効な遺言を残す...

認知症の人が遺言を残す場合の注意点は?遺言能力について
配偶者居住権とは?民法改正で新設されたルールを解説 相続人 2020年12月11日

2019年の相続法改正により、新たに「配偶者居住権」の制度が創設されました。 配偶者居住権により、被相続人の配偶者の住居をより安定的に確保できるようになると同時に、遺産分割の選択肢が広がったことになります。 配偶者居住権の特徴を理解して、より良い遺産分割に役立てましょう。 この記事では、配偶者居住権に関する民法上の規定や、その活用場面などについて詳しく...

配偶者居住権とは?民法改正で新設されたルールを解説
相続登記はなぜ必要?相続人の権利を守るための手続き・注意点 相続登記・名義変更 2020年11月30日

遺言書や遺産分割協議により相続分が確定した場合、不動産を相続することになった相続人は、速やかに相続登記を行いましょう。 相続登記を行わないままに時間が経ってしまうと、後々法律上のトラブルが発生してしまう可能性があります。 いずれにしても、相続登記は将来どこかのタイミングで行わなければならないものなので、早めに対応しておくことをお勧めいたします。 この記...

相続登記はなぜ必要?相続人の権利を守るための手続き・注意点
相続放棄の熟慮期間とは?延長が認められる場合もある 相続放棄・限定承認 2020年07月22日

亡くなった被相続人が巨額の借金を抱えていた場合などには、相続放棄をすることが有効です。 しかし、相続放棄には「熟慮期間」と呼ばれる期間制限があります。 相続放棄をするかどうか迷っているうちに、気づいたら熟慮期間が過ぎてしまっていたというケースも後を絶ちません。 そのため、少しでも相続放棄がよぎった段階で、弁護士に相談の上迅速な行動を心がけましょう。 な...

相続放棄の熟慮期間とは?延長が認められる場合もある
死因贈与の法律上のポイントは?|遺贈との違いや留意点を解説 生前贈与・死因贈与 2020年06月24日

死後に自分の財産を家族に残すための方法はいろいろありますが、「死因贈与」もその一つです。 死因贈与は「遺贈」と比較されるところも多いところですが、両者はどのように異なるのでしょうか。 また、死因贈与には負担付死因遺贈や撤回に関する論点、遺贈との優先順位など、法的な留意事項が数多く存在します。 この記事では、死因遺贈に関するこうした法律上のポイントについ...

死因贈与の法律上のポイントは?|遺贈との違いや留意点を解説
遺留分侵害額請求とは?改正法の内容を踏まえて解説 遺留分 2020年06月03日

自分にもしものことがあった際に、家族にどのように財産を残すかを自分で決めておきたいと考える方は多いでしょう。 生前贈与や遺言による贈与(遺贈)を利用すれば、法定相続分とは異なる割合で、家族に対して財産を贈与することが可能です。 しかし、その際に注意しなければならないのが「遺留分」です。 遺留分を侵害するような生前贈与や遺贈を受けた人は、後で他の相続人か...

遺留分侵害額請求とは?改正法の内容を踏まえて解説