法律コラム

相続

Section banner inheritance
相続放棄の熟慮期間とは?延長が認められる場合もある 相続放棄・限定承認 2020年07月22日

亡くなった被相続人が巨額の借金を抱えていた場合などには、相続放棄をすることが有効です。 しかし、相続放棄には「熟慮期間」と呼ばれる期間制限があります。 相続放棄をするかどうか迷っているうちに、気づいたら熟慮期間が過ぎてしまっていたというケースも後を絶ちません。 そのため、少しでも相続放棄がよぎった段階で、弁護士に相談の上迅速な行動を心がけましょう。 な...

相続放棄の熟慮期間とは?延長が認められる場合もある
死因贈与の法律上のポイントは?|遺贈との違いや留意点を解説 生前贈与・死因贈与 2020年06月24日

死後に自分の財産を家族に残すための方法はいろいろありますが、「死因贈与」もその一つです。 死因贈与は「遺贈」と比較されるところも多いところですが、両者はどのように異なるのでしょうか。 また、死因贈与には負担付死因遺贈や撤回に関する論点、遺贈との優先順位など、法的な留意事項が数多く存在します。 この記事では、死因遺贈に関するこうした法律上のポイントについ...

死因贈与の法律上のポイントは?|遺贈との違いや留意点を解説
遺留分侵害額請求とは?改正法の内容を踏まえて解説 遺留分 2020年06月03日

自分にもしものことがあった際に、家族にどのように財産を残すかを自分で決めておきたいと考える方は多いでしょう。 生前贈与や遺言による贈与(遺贈)を利用すれば、法定相続分とは異なる割合で、家族に対して財産を贈与することが可能です。 しかし、その際に注意しなければならないのが「遺留分」です。 遺留分を侵害するような生前贈与や遺贈を受けた人は、後で他の相続人か...

遺留分侵害額請求とは?改正法の内容を踏まえて解説
【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(4)|相続人以外の親族の特別寄与制度の創設、遺留分制度の見直し 遺留分 2019年06月10日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、相続人以外の親族の特別寄与制度が創設され、遺留分制度が大幅に見直しされました。 従来の問題点や、改正による変更点について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野支店) 相続、離婚、不動産関係、交通事故等の個人案件、...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(4)|相続人以外の親族の特別寄与制度の創設、遺留分制度の見直し
【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備 相続手続 2019年06月03日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、遺産分割前の預貯金の払い戻し制度が創設され、財産の処分に関する規定が整備されました。 従来の問題点や、改正による変更点について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野支店) 相続、離婚、不動産関係、交通事故等の個人...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(3)遺産分割手続の見直し|遺産分割前の預貯金の払い戻し、財産の処分に関する規定の整備
【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(2)遺言利用促進のための制度|自筆証書遺言の方式の緩和、法務局での保管 遺言書の書き方 2019年05月27日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、遺言の利用を促進するために、自筆証書遺言の方式が緩和され、また、自筆証書遺言の法務局での保管制度が創設されました。 どのような点が緩和されたのか、また、保管制度の概要について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(2)遺言利用促進のための制度|自筆証書遺言の方式の緩和、法務局での保管
【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(1)配偶者保護のための制度|配偶者短期居住権、配偶者居住権の創設 相続手続 2019年05月20日

平成30年7月6日に民法相続編の改正法が成立しました。この改正で、配偶者居住権、配偶者短期居住権が創設されました。 これらの権利が創設された背景や、権利が認められる要件等について、虎ノ門法律経済事務所上野支店の日向寺司弁護士にお話を伺いました。 日向寺 司 弁護士 (虎ノ門法律経済事務所上野支店) 相続、離婚、不動産関係、交通事故等の個人案件、企業法務...

【弁護士に聞く】相続法改正のポイント(1)配偶者保護のための制度|配偶者短期居住権、配偶者居住権の創設
【弁護士に聞く】特定の遺産を特定の相続人に相続させる方法、相続させない方法 相続人 2019年01月29日

年を重ねると、自分の死後のことをいろいろと考えるようになるものです。自分がこれまでに築き上げた財産を、誰に継がせるかという問題もその一つです。 自分の死後、この財産はあの子に継がせたい、逆に、あの子には継がせたくないという場合、自分の死後に希望通りに相続が行われるようにするには、どうすればよいのでしょうか。 相続案件を数多く手がけてきた、なごみ法律事務...

【弁護士に聞く】特定の遺産を特定の相続人に相続させる方法、相続させない方法
【弁護士に聞く】遺産相続を弁護士に相談する6個のメリット 相続手続 2019年01月22日

遺産相続について、本当に弁護士に相談すべき事案なのか、迷うこともあるでしょう。そんな時の参考として、遺産相続を弁護士に相談するメリットを知っておくのが有効です。 弁護士に相談・依頼すればどんなメリットがあるのか、なごみ法律事務所の本田幸則弁護士に教えていただきました。 本田 幸則 弁護士 (なごみ法律事務所) 離婚や相続など、家庭に関する法律問題を多く...

【弁護士に聞く】遺産相続を弁護士に相談する6個のメリット
相続で気になる「貸宅地」「貸家建付地」は、自用地より評価が低くなる 相続税 2018年10月24日

父親の相続を進めているのですが、ちょっと気になることがあるんです。 どうしたんですか? 実は保有している土地の中に、他人に貸している土地があったんです。評価額が下がると聞いたんですが、本当ですか? ええ、その通りです。では実際どのように評価すればいいのか、一緒に確認していきましょう。 目次 【第1章】 他人に貸し出した土地は評価が下がる 【第2章】 貸...

相続で気になる「貸宅地」「貸家建付地」は、自用地より評価が低くなる