法律コラム

相続手続

Section banner inheritance

相続

相続発生時の財産調査はどうやってやるの?流れと方法を解説 相続手続 2017年12月28日

相続の手続きを始める時に、まず直面する問題は2つあります。 それは、「誰が相続人か」と「どんな財産があるか」です。 相続とは、亡くなった人の一切の権利義務を相続人や受遺者が引き継ぐことです。 何を引き継ぐのかが分かっていないと、そもそも何も始められません。 亡くなった人がどんな財産をもっていたのか明らかにすることは、相続手続きの第一歩です。 この記事で...

相続発生時の財産調査はどうやってやるの?流れと方法を解説
遺言書の検認を受ける手順│注意!開封前に必須の手続き 相続手続 2017年12月01日

遺言書にはいくつかの種類があります。 その中には、家庭裁判所に検認(けんにん)を請求しなければならないものがあります。 検認を経ないで遺言を執行したり、家庭裁判所外で遺言書を開封したりすると、5万円以下の過料に処せられることがあります。また遺言書の検認を経ないと、不動産の所有権移転の登記申請ができません。 遺言書の検認とは何か、どんな場合に必要なのか、...

遺言書の検認を受ける手順│注意!開封前に必須の手続き
相続手続きでまず確認するべき2つのこと│親や配偶者が亡くなったらどうする? 相続手続 2017年11月30日

人が亡くなった時に、残された家族にとって避けては通れない問題。 それは「相続」です。 相続と聞くと、亡くなった人の遺産の分け方を巡って、遺族同士が対立し、争いを繰り広げる…そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、遺族の間で意見の対立がない場合でも、相続手続きは複雑で、面倒な場合が少なくありません。 いざという時に困らないように...

相続手続きでまず確認するべき2つのこと│親や配偶者が亡くなったらどうする?
遺産の相続に時効はあるの? トラブル回避の方法まとめ 相続手続 2017年09月04日

遺産相続は、親などが亡くなった時に必ず直面する問題です。いい加減な相続を行うと親族とのトラブルに発展する可能性があるため、慎重に行う必要があります。しかし、遺産相続に「時効」があるのだとしたら、あまりのんびりと議論もしていられません。ここでは、遺産相続に関係するさまざまな時効について解説します。 遺産分割協議に時効はない。ただし相続税の支払いは10ヶ月...

遺産の相続に時効はあるの? トラブル回避の方法まとめ
相続人調査、遺産分割協議書の作成、相続登記…相続手続きにかかる費用 相続手続 2017年07月20日

親が死亡して相続が発生した場合、相続手続を進めていかなければなりません。どのような書類を準備して、遺産分割をする場合の協議書はどのように作成すればよいのか、遺産分割協議に基づいて不動産などの名義を変更するにはどうすればよいのか、一般の人には難しい問題が待ち受けています。 そこで、このような相続手続を専門家に依頼したいと考えている人も多いと思います。専門...

相続人調査、遺産分割協議書の作成、相続登記…相続手続きにかかる費用
亡くなった親が連帯保証人だった場合、相続はどうしたらいい? 相続手続 2017年06月02日

相続は、プラスの財産だけでなくマイナスの財産である借金も相続することになります。 今回は、亡くなった親が連帯保証人だったと判明したとき、相続をどうしたらいいのか解説していきます。 連帯保証人ってどういうもの? そもそも「連帯保証人」とはなんでしょうか。 借金などの話題で「保証人」という言葉はよく聞くと思いますが、実は単なる「保証人」と「連帯保証人」は言...

亡くなった親が連帯保証人だった場合、相続はどうしたらいい?
相続について誰に相談したらよいかわからない。相続の相談に関して、弁護士、司法書士、行政書士、税理士ができることの違いは? 相続手続 2017年06月02日

家族が亡くなり直面するのが相続の問題です。誰にどのように手続きを頼めばいいのか、家族の死をきっかけにはじめて問題が表面化するため、対応に苦慮するのは当然です。 街の看板や、インターネットの広告には「相続なら○○法律事務所へ!」「相続税の申告は○○税理士へ!」などの文字があふれています。専門家を頼るとしても、どんなケースで誰に頼めばよいのかという「スター...

相続について誰に相談したらよいかわからない。相続の相談に関して、弁護士、司法書士、行政書士、税理士ができることの違いは?
相続と刀剣類 相続手続 2016年07月05日

ある天気がよい日に、自宅近くの商店街をぶらついていたら、今まで気が付かなかったのであるが、刀剣を販売している店舗があった。 日本刀とは本当に不思議なもので、思わず魅入られてしまい、それを使ってみたくなるものである。日本刀には、不思議な魔力があるとしかいいようがない。 かなりのお金持ちの人が死亡し、相続問題が発生した。奥さんからの依頼であったが、亡くなっ...

相続と刀剣類
見つかった遺言書の開封。相続人全員と弁護士がいたら開封できる? 相続手続 2016年06月24日

Q Xさんが亡くなりました。遺品の整理をしていたところ、封がされたXさんの遺言書が見つかりました。 Xさんの相続人全員と弁護士がいる場合、この遺言書はただちに開封できるでしょうか?(公正証書遺言ではありません) できる できない A 正解(2)できない 民法1004条において、見つかった遺言書の取り扱い方法が定められています。 そこでは、公正証書遺言を...

見つかった遺言書の開封。相続人全員と弁護士がいたら開封できる?
身元保証契約は相続されるの? 相続手続 2016年04月08日

Q 甲は、遠い親戚のXが就職する際に身元保証人となりました。入社後1年ほどでXは会社のお金を使い込んだのですが、その頃に甲は死亡し、乙が甲を単独で相続しました。 会社は乙に身元保証人として弁済を求めていますが、乙には弁済をする義務があるのでしょうか? 甲の死亡がXの横領前であれば、弁済義務がある 甲の死亡がXの横領後であれば、弁済義務がある 甲の死亡時...

身元保証契約は相続されるの?

相続手続に強い弁護士

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】ひとつひとつのご相談にきめ細かく丁寧にご対応します。

【初回相談0円】離婚/DVなどに関する著作多数!離婚のプロがしっかりと丁寧に話を聞き、迅速な解決を目指します。...

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

ページ
トップへ