弁護士コラム

相続手続

Section banner inheritance

相続

特別寄与料を請求できますか?【相続法改正】 相続手続 2020年11月02日

特別寄与料を請求できますか?【相続法改正】 2020.10.30 飯田橋法律事務所 弁護士中野雅也 【特別寄与料制度とは】 特別寄与料とは、相続人ではない被相続人の親族が被相続人の療養看護をするなど貢献をした場合において、その貢献に応じた額の金銭【特別寄与料】を請求することができるとした制度です(民法1050条)。 相続法改正により新設された制度です。...

遺産の範囲の争い 相続手続 2018年07月30日

遺産分割について,当事者の間で話し合いがまとまらない場合は「家庭裁判所」に「遺産分割調停」を申し立てることができます。 そして,「調停」は話し合いですから,「調停」がまとまらない場合は,「審判」といって「家庭裁判所」の裁判官が遺産の分け方を決定します。 では,そもそも,「遺産の範囲」に争いがある場合はどうなるでしょうか。 例えば「名義預金」というものが...

遺産分割の方法 相続手続 2018年05月21日

遺産の分割の方法としては,4種類あります。 「現物分割」「代償分割」「換価分割」「共有分割」の4つです。それぞれ,メリットとデメリットがあります。 「現物分割」とは,遺産の現状をそのままの状態で分割することです。 例えば,遺産の中に複数の不動産がある場合,各相続人が1つずつ不動産を取得する,というようなものです。 この「現物分割」はシンプルなのが長所で...

遺言書の検認 相続手続 2018年04月08日

Q. 先日、父が亡くなりました。遺品の整理をしていましたら、遺言書と書かれた封筒が出てきました。すぐに開けて中を確認してもよいでしょうか。 公正証書遺言以外の全ての方式の遺言につきましては、遺言を執行する前に特別の手続を経る必要があります。その手続は、(多くは自筆証書遺言になると思いますが)遺言書を保管している人や遺言書を発見した相続人は、被相続人(死...